2010年10月02日

『KIYOさんのスタート』
メッセンジャーNo,01(第4話) KIYO 南清貴
フードプロデューサー・創作料理家

KIYO 4.jpg

◆ メッセンジャーNo,01 KIYO 南清貴 ◆

整体師を目指し、その夢を実現した
KIYOさん。

しかし、日々の整体業の中で、
感じたズレ。

日本人の、人間の、
内側に潜んだズレに気付いた時、
真のミッションが…。

“KIYOさんのスタート”

今ここに明かされる。





KIYO 南清貴 公式ウェブサイト

<プロフィール>
1952年生まれ。フードプロデューサー。
舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、
からだと食の関係の重要さに気付き、栄養学を徹底的に学ぶ。
のちに1995年、渋谷区代々木上原にレストラン「キヨズキッチン」を開業。
最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは
一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、
業界やマスコミからも注目を浴びる。
現在「ナチュラルエイジング」という新たなキーワードを打ち立て、
レストランを閉店、全国のレストラン、カフェなどの業態開発、
企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどの
フードメニュー開発に力を注ぐ。

<著書>
栄養学、料理、食に関する著書レシピ集を出版。
他に講演録、監修書などもあり。最新刊は2009年7月28日発売の
「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」(講談社)
posted by LOHAS Broadcasting at 22:00| Comment(0) | 南清貴さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

『食べ過ぎたライオン』
メッセンジャーNo,01(第3話) KIYO 南清貴
フードプロデューサー・創作料理家

◆ メッセンジャーNo,01 KIYO 南清貴 ◆

人類は誕生以来、
餓鬼との戦いであった。

にも関わらず、
ほんのこの数十年から
真逆になってしまったのか?

ますますの切り口で、
私たちの日常を分析。

入れるか?出すか?
破綻のメカニズムとは?

風邪を喜べ!

もはや、
食べ過ぎたライオンは
戦えやしない!


LB-1-3.jpg





KIYO 南清貴 公式ウェブサイト

<プロフィール>
1952年生まれ。フードプロデューサー。
舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、
からだと食の関係の重要さに気付き、栄養学を徹底的に学ぶ。
のちに1995年、渋谷区代々木上原にレストラン「キヨズキッチン」を開業。
最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは
一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、
業界やマスコミからも注目を浴びる。
現在「ナチュラルエイジング」という新たなキーワードを打ち立て、
レストランを閉店、全国のレストラン、カフェなどの業態開発、
企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどの
フードメニュー開発に力を注ぐ。

<著書>
栄養学、料理、食に関する著書レシピ集を出版。
他に講演録、監修書などもあり。最新刊は2009年7月28日発売の
「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」(講談社)
posted by LOHAS Broadcasting at 22:00| Comment(0) | 南清貴さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

『私たちは、工業製品を食べている?』
メッセンジャーNo,01(第2話) KIYO 南清貴
フードプロデューサー・創作料理家

◆ メッセンジャーNo,01 KIYO 南清貴 ◆

グリーン KIYO vs YAMAMOTO.jpg

第2回目となるグリーンな仲間たちは、
今週もKIYOこと南清貴さんとのトーク。

今、包丁とまな板の無い家庭が急増中。

そして!

我々がいつも口にするアレが…
驚くべき事実が明らかに!

私たち日本人が
本当の味を知らない時代、
知ることの出来ない時代、
に突入したのか。

ここが危ない日本の食文化!

より深く、斬ります!




KIYO 南清貴 公式ウェブサイト

<プロフィール>
1952年生まれ。フードプロデューサー。
舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、
からだと食の関係の重要さに気付き、栄養学を徹底的に学ぶ。
のちに1995年、渋谷区代々木上原にレストラン「キヨズキッチン」を開業。
最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは
一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、
業界やマスコミからも注目を浴びる。
現在「ナチュラルエイジング」という新たなキーワードを打ち立て、
レストランを閉店、全国のレストラン、カフェなどの業態開発、
企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどの
フードメニュー開発に力を注ぐ。

<著書>
栄養学、料理、食に関する著書レシピ集を出版。
他に講演録、監修書などもあり。最新刊は2009年7月28日発売の
「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」(講談社)

posted by LOHAS Broadcasting at 22:00| Comment(0) | 南清貴さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

『このトマト、どう料理する?』
メッセンジャーNo,01(第1話) KIYO 南清貴
フードプロデューサー・創作料理家

◆ メッセンジャーNo,01 KIYO 南清貴 ◆

グリーン KIYO face.jpg

日本初、LOHAS系・オーガニック料理の先駆者として、
名高いフードプロデューサーKIYOさんをお招きしての
第1回トーク。

現在までのプロフィールとともに
食、健康、安全、産地等様々なこだわりが
入り混じった仕事ぶりには、氏が伝えたいメッセージの
香りと彩りが伝わってくる。



KIYO 南清貴 公式ウェブサイト

プロフィール
1952年生まれ。フードプロデューサー。
舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、
からだと食の関係の重要さに気付き、栄養学を徹底的に学ぶ。
のちに1995年、渋谷区代々木上原にレストラン「キヨズキッチン」を開業。
最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは
一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、
業界やマスコミからも注目を浴びる。
現在「ナチュラルエイジング」という新たなキーワードを打ち立て、
レストランを閉店、全国のレストラン、カフェなどの業態開発、
企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどの
フードメニュー開発に力を注ぐ。

著書
栄養学、料理、食に関する著書レシピ集を出版。
他に講演録、監修書などもあり。最新刊は2009年7月28日発売の
「頭のいい人は亜麻仁油を飲んでいる!」(講談社)
posted by LOHAS Broadcasting at 22:00| Comment(0) | 南清貴さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
これまでにご出演いただいた皆さん
m13.jpg
埼玉県議会議員
鈴木正人さん

OKUTA Family取締役
会長

奥田勇さん

アースカラー代表
高浜大介さん

EM研究機構取締役
新谷正樹さん

プレシャス・マミー代表
谷あゆみさん

オルタナ編集長
森摂さん

日本の海岸環境を守る会会長
芝本聖子さん

ブラウンズフィールド
エバレット・
ブラウンさん
&中島デコさん

株式会社アバンティ代表
渡邊智恵子さん

生活の木 CEO
重永忠さん

家事塾代表
辰巳渚さん

LBA 共同代表
大和田順子さん

フードプロデューサー
南清貴さん
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。